【マイホーム購入】までのスケジュールのおさらい ポイントの解説

マイホーム購入までの流れをご紹介させて頂きます。購入する為には様々な手順を踏んで、色々な方と連携していく必要があります。

マイホーム購入は難しく感じますが、仲介会社が流れを教えてくれますので、重要な要点を抑えておきましょう。

 

マイホーム購入までのスケジュール

①情報収集

郵便チラシ、広告、情報誌、インターネット、不動産会社で情報収集を行います。

 

②希望条件をリストアップする

家族の希望や条件をリストアップして、どのようなマイホームが必要か確認する。全ての条件に当てはまる物件は中々見つからないので、希望条件に『優先順位』を付けておく。

 

③資金計画を立てる(事前審査)

マイホーム購入にいくらかけられるのか計算する。住宅ローンを組む予定であれば金融機関に出向き『事前審査』を行ってもらう。

金融機関から『承認』を得ていないと、あとで必要な購入申込書を売主が受け取ってくれない可能性があります。

 

④物件を探し始める

価格、立地、間取り、など複数の物件を見比べて良く検討する。

 

⑤物件見学

実際に不動産屋に問い合わせをして、周辺環境や室内の様子を確認する。

 

⑥構造部分のチェック

住宅性能表示制度の性能評価を確認する。過去に性能評価のない物件は専門家に依頼して調査してもらう事も考える。
中古物件の場合は『過去の修繕記録』『リフォーム履歴』も確認する。

 

⑦権利関係を調べる

物件の所有者が誰なのか法務局で確認する。※誰でも閲覧することが可能です。将来リフォームするのであればどのようなリフォームが許されるのかを売主や役所に確認してみる。マンションの場合は『管理規約』を閲覧し確認する。

 

⑧売主へ保証等の確認

売主に保証やアフターサービスの内容を確認する。建築中の物件の場合は『仕様の変更の可否』その際の追加料金の有り無しや『申込金』に有り無しを確認する。価格交渉はこの段階で行う。

 

⑨売主に購入申込書を提出する

購入したい物件が決まったら、購入申込書に『希望金額』『手付金』などを記入し売主に提出する。申込書の書式は仲介業者や売主業者などに従う。特に書式が無い事が多い。
申込時に『申込金』が必要なある場合があるので注意。申込金を払った場合は領収書を必ず貰う事。

価格交渉するのであればここが最後のチャンス!

 

⑩重要事項説明を受ける

宅建業法上、契約前に『重要事項説明』を宅建士によって説明することが義務付けられている。内容を確認し、問題点や不明点がないか確認する。

 

⑪売買契約を行う

契約を結び、指定された手付金を支払う。仲介の場合は指定された仲介手数料を支払う。※仲介手数料は契約時に半分、引渡時に半分という場合が多い。

 

⑫住宅ローン申請する(本審査)

資金計画に基づき、住宅ローンに申込。

 

⑬金銭消費貸借契約を結ぶ

住宅ローン本審査に通過したら金融機関と『金銭消費貸借契約』を結ぶ。

 

⑭入居説明会・内覧会

新築の場合は完成後内覧会が行われる。

 

⑮融資の実行・引渡し

金融機関に融資を実行してもらい、残代金を精算する。この時に『司法書士へ現金で登記申請料などを支払う』。建物の表示登記、所有権の保存登記を行う。全てが完了したら売主から鍵をもらう。

 

⑯入居

残代金の精算が終わり、保存登記が終われば、無事入居となる。

 

今回はマイホーム購入のスケジュールを簡単に説明させて頂きました。
注意しておくのは『事前審査』を受けていないと購入申込書を売主が受け取ってくれない事と、売主と価格交渉するのは購入申込書を提出する時が最後のチャンスという事です。